こんにちは!認定NPO法人マドレボニータ
認定産後セルフケアインストラクターの新井和奈(かずな)です。


心療内科を受診した友人が
主治医にカサンドラ症候群かもしれないと言われたそうです。

パートナーとのコミュニケーションで悩んでる方で
当てはまる方がいるかもしれない…と思って
友人に確認して了承いただいたのでシェアしますね。 

カサンドラ症候群

私は初めて知りました。

Wikipediaによると、
アスペルガーのパートナーを持つ人が陥ってしまう症状で
パートナーとコミュニケーションが上手く取れず、
自己肯定感が下がる。
周りに相談しても理解されにくく、
鬱になりやすいそうです。

カサンドラ症候群

アスペルガー症候群の伴侶を持った配偶者は、コミュニケーションがうまくいかず、わかってもらえないことから自信を失ってしまう。また、世間的には問題なく見えるアスペルガーの伴侶への不満を口にしても、人々から信じてもらえない。その葛藤から精神的、身体的苦痛が生じる[2]という仮説である。現在のDSM(精神障害の診断と統計マニュアル)その他には認められていない概念である。また、カサンドラ症候群の場合、夫婦間においてどちらか一方が悪く、どちらが正しいか、という問題ではないことに留意すべきである。

症状としては偏頭痛、体重の増加または減少、自己評価の低下、パニック障害抑うつ無気力などがある。近年、カサンドラ症候群を訴える者のブログも見られ、アスペルガー症候群の伴侶を持つ者の二次障害として問題となっている[2]。パートナーが(診断の有無にかかわらず)アスペルガー症候群の兆候を示すカップルは、日常生活においてさまざまな問題にぶつかる。そんな人々を支援するための書籍やカウンセリングがますます必要とされ[3]、夫婦間のケアの重要性が指摘されている[4]

産後ケア教室では、
パートナーと対話をしてみて…と促す事があるのですが
コミュニケーションを取りたいのに一方通行で悲しい方

もしかしたら、当てはまる方がいらっしゃると思います。


今の状況が変わらなくても、
私が苦しいのは何故なのか?

それが言語化される事で
気持ちが楽になったり
自分を責める方が減ると良いなと思います。

24ED1046-1F31-4EAA-973B-2A8DCC0CE887


読んでいただきありがとうございました!
かずなでした☆彡