【ご報告・岡山移住なくなりました】
みなさん、こんにちは^^お疲れ様です。
マドレボニータ認定インストラクターのかずなです。

みなさんにやっとご報告です、
地域おこし協力隊の選考結果が送られてからちょうど3週間経ってしまいました。


SNSで
「私たち家族は、来年家族で岡山に移住します。」と宣言していました。
33BF1050-3A6F-492D-9EF4-116206893601

来年3月末には、都内の教室を手放すことになる…
悲しいし、残念すぎる。だけど
絶対この決断は揺るがないものだと思っていました。

ですが私が地域おこし協力隊不採用、夫だけ採用という結果を受け
夫婦で岡山県にこだわる必要が薄れ、移住しないという決断に至りました。

選考結果を受けて沸き起こってきたのは
どうして私だけ落とされたんだ?足元見られている?
なぜ、夫婦で採用してくれなかったの?という怒りや悲しみがありました。

夫婦で地域おこし協力隊になって、三年間資金を貯めて、
農業をしよう!という未来を夫婦で描いていたので
私も夫も落胆しました。
そして
「親戚もいない、住んだこともない田舎なんて行きたくない!」
「地方でマドレの活動を続けていくパワーがあるのか自信がない」
という本音も出てきました。

夫は、私が今の仕事(マドレの活動)に対する熱量と同じくらい、
自分が岡山で農業をやりたいのか?といったら
私ほど情熱は注げないと正直に言ってくれました。

移住が間近になって、面接~選考結果が出るまで夫は不眠が続き
「このまま移住してしまって良いのだろうか…」と彼の中にも迷いがあったのだと思います。

二人とも協力隊に採用なら腹も括れたけれど、
安定した収入も半分になるし、
岡山県赤磐市にこだわる理由が無くなった!

一旦移住を白紙にしよう!
都内で暮らしていくための働き方を二人でもう一回デザインしようよ!

という話し合いを夫婦で何度かした後、
赤磐市に地域おこし協力隊と移住の辞退を伝えました。

目まぐるしく変わる状況に気持ちが追い付いていかないです。
今まで心の準備をして、覚悟して迎えようとしていた
人生の一大イベントが白紙になって、まだまだ気持ちが追いついていない部分もあります。

最近の倦怠感は…もしかしたら、この一連の出来事が関係しているんだなって
今気づきました。
アウトプットって大事ですね。

今回もタイムリーに仲間の存在に支えられています。
「不採用になったーーーー涙」
と同期に伝えると、

「信じられん!かずなちゃんを落とすなんて!」と
私と一緒に悲しんだり怒ったりしてくれる仲間がいて
本当にありがたかったです。

他者共感めっちゃできる人たちに囲まれて私は本当に幸せ者です。

地方に行くにしても、行かないにしても
夫婦でこれからどうやって生きていきたいのか?
何を大切にしたいのか?

沢山話し合った事は無駄にはならないし、
都内にいられないかもしれない…という覚悟をしたことで
改めて自分の置かれた環境が恵まれていたこと、
マドレの仕事が大好きなことを再確認できたし、

夫の働き方に寛容になれたので結果オーライかなと思います。

みなさん、大変お騒がせしました!
4月以降も都内で産後ケア教室開催していきますーーー
(喜び~~♪)
↑IKKOさん風に読んでください^^


マドレ内で共有させていただいた文章を一部編集して投稿しています。
大好きな美しい母たち、
今まで会った素敵な女性たちに物理的にまたいつでも会える!!
と思うと嬉しくてたまりません!

今後ともどうぞよろしくお願い致します(^ω^)

かずな