こんにちは!認定NPO法人マドレボニータ
認定産後セルフケアインストラクターの新井和奈(かずな)です。

★インストラクターの紹介はコチラ★ 

新井和奈 (あらいかずな)
09,11,15年生まれの子を持つ三児の母です。
産後ケアを知らずに、三人の妊娠出産。三人目の産後一年の時にマドレボニータの産後ケア教室を受講。
出産後、人に向き合うにも、まずは体力が必要!と痛感してマドレボニータのインストラクターになる。

産後ケア教室
下北沢教室
●11月コース                    (募集中
●12月コース       (募集中
御茶ノ水・神保町教室
●12月コース      (募集中
(11月は単発レッスンのみ)
★産後ケア教室のお申込みはこちらから★
産後のバランスボール教室
●笹塚教室 毎週水曜10時30分~(こちらから
●御茶ノ水・神保町教室 
奇数月の月曜日は単発レッスンです★ (こちらから
ぜひ産後ケア教室のおさらいをしに来てください♡お待ちしております^^


産後ケア御茶ノ水・神保町教室
10月コースの最終回でした。

2時間×4回

たったの8時間だけれど、一か月前とは別人!

自分の身体と心に向き合う時間を意識的に持って
真摯に取り組んだみなさんの美しい笑顔!

まさに、美しい母、マドレボニータです。


第一子の母、第二子の母、双子の母
お互いにリスペクトしあえる関係というのも素晴らしいです。


センパイママが先輩風を吹かせていることは決してなく、

育児ってこんなもんでしょ?と投げやりになる方もおらず、

赤ちゃんの欲求にもしっかり応えつつ
自分のケアに取り組む母たち。

体力をつけたからこそ、抱っこも笑顔で行えます。
健やかな体があってこそ、です。



これは我が家の場合ですが、

家族みんな元気で平和な時は問題なく生活できるのですが、

自分の体調や家族の体調が悪くなった時に、
生活リズムが崩れ、予定も変更せざるを得ず、
いつの間にか、イライラが溜まりに溜まって…

家族に八つ当たり!

あるいは、ずっと能面のような顔をしている時があります。


産後ケア教室でも、
あぁ私今、頭痛くて、この子のおむつ替え、無言でやっていたな…。
と気づいた!
という方がいらっしゃいました。


自分を客観的に見られたり、
今の自分の体調に気づける、俯瞰できる!
それが、
現状を変えるキッカケになりますね。


自分の身体と心に正直に!
セルフケアをして自分の機嫌に責任を持てる大人でありたい。



読んでいただきありがとうございました!
かずなでした☆彡