こんにちは!認定NPO法人マドレボニータ
認定産後セルフケアインストラクターの新井和奈(かずな)です。

★インストラクターの紹介はコチラ★ 

新井和奈 (あらいかずな)
09,11,15年生まれの子を持つ三児の母です。
産後ケアを知らずに、三人の妊娠出産。三人目の産後一年の時にマドレボニータの産後ケア教室を受講。
出産後、人に向き合うにも、まずは体力が必要!と痛感してマドレボニータのインストラクターになる。

産後ケア教室
下北沢教室
●6月コース      (満席御礼
●7月コース      (満席御礼
●8月コース      (受付中
御茶ノ水・神保町教室
●6月コース      (開催中
●8月コース      (受付中
(7月は単発レッスンのみ)
★産後ケア教室のお申込みはこちらから★
産後のバランスボール教室
●笹塚教室 毎週水曜10時30分~(こちらから
●御茶ノ水・神保町教室 
奇数月の月曜日は単発レッスンです★ (こちらから
ぜひ産後ケア教室のおさらいをしに来てください♡お待ちしております^^



403C70F4-C504-468F-936A-C961A4E96CC6
~すべての家族に産後ケアの知識を~

偶数月の月曜日に開催している産後ケア御茶ノ水・神保町教室
6月コースのみなさんが卒業されました。


今回、産後ケアバトン制度を利用して、
双子母が受講してくださいました。

きっかけは、他の多胎児母のインスタグラムの投稿。

マドレのレッスン、
こんな事が良かったなという気持ち、

ぜひ、言語化してシェアしてください。

どうぞよろしくお願いいたします。


産後、自分のケアどころではない
赤ちゃんのお世話に追われて
一日があっという間のこの時期に

体力を取り戻し、
仲間と対話をすることで

自分を知る、他者を知る。

ちょっとイライラしていたり
余裕をなくしている自分に気づく。

気付いて、
そんな時もあるよね^^;

とちょっと笑える余裕は、
体力がつくと生まれます。


母が席を外した少しの間に、赤ちゃんが泣く。
どうしたの?と
我が子でなくても
赤ちゃんが抱っこするご参加者。

自分の子どもに意識を100%持っていかれていたら
出来ない行動だと思います。

人と取り組むことで社会性も発揮する、取り戻す。



私が第一子の産後、数か月の時

同じぐらいの月齢の他のお子さん、抱っこすること
無かったなぁ…。

想像つかなかった!

初めての育児、必死すぎたし、人と関わりを持てるなんて思ってなかった。
なのに、
ママ友は作らなきゃいけないもの!
(でも怖いらしい)と思い込んでいた。
メディアの情報に振り回されていたな…。


全部思い込みで
きっとそうに違いないって
確かめもせず疑心暗鬼に。

頭も体もガチゴチに固まっていたんだと思います。

もし、そんな方がいらっしゃったら、
ほぐしてくれるのは

有酸素運動と仲間ですよー!
と伝えたいです。


自分が満たされたことで、家族にも優しくしたい。
話をもっと聴いてあげたい。
口を出さずに、見守りたいという

ご自分の望みを共有してくださった方もいらっしゃり

家族のため、社会のために

産後女性が自ら取り組む産後ケアは
やっぱりすべての家族に必要なんだなと
改めて感じた新井でした。

読んでいただきありがとうございました!
かずなでした☆彡