こんにちは!認定NPO法人マドレボニータ
認定産後セルフケアインストラクターの新井和奈(かずな)です。

★インストラクターの紹介はコチラ★ 

新井和奈 (あらいかずな)
09,11,15年生まれの子を持つ三児の母です。
産後ケアを知らずに、三人の妊娠出産。三人目の産後一年の時にマドレボニータの産後ケア教室を受講。
出産後、人に向き合うにも、まずは体力が必要!と痛感してマドレボニータのインストラクターになる。

産後ケア教室
下北沢教室
●6月コース      (満席御礼
●7月コース      (満席御礼
●8月コース      (受付中
御茶ノ水・神保町教室
●6月コース      (開催中
●8月コース      (受付中
(7月は単発レッスンのみ)
★産後ケア教室のお申込みはこちらから★
産後のバランスボール教室
●笹塚教室 毎週水曜10時30分~(こちらから
●御茶ノ水・神保町教室 
奇数月の月曜日は単発レッスンです★ (こちらから
ぜひ産後ケア教室のおさらいをしに来てください♡お待ちしております^^


木曜日、
産後ケア下北沢教室、3週目でした。
155C0202-2B8B-4E0E-B8B4-0BAD9701FCE6


1,2週に母子の体調不良でお休みだった方ともやっと会えて感激。

振替受講のAちゃんとも久々にお会いできて、とても嬉しかったです。

3週目は
まずセルフケアの予習をします。

そのあと、ボールエクササイズ、

後半はシェアリング、

最後にもう一度セルフケアという流れで行います。

「家にいると、お腹空いていないのに
何かしら食べちゃう…。」

そういう悩み、ありませんか?

私は、あります。

そんな時、今週お伝えしている
骨盤呼吸法をやってみると、

リラックスできて、切り替わり

「あ!今食べたいと思っていない!
身体を緩めたかったんだー」

という気づきが得られること、よくあります。

ボールエクササイズはどんどん上達して、

水分補給の時間すらもったいない!という意気込み。

動きの説明の間も
みんな、弾む、弾む♪

息が上がる動きを赤ちゃんを抱えながらできる
ご自身の身体能力の変化、
誇りに思ってほしいです。

シェアリングは、

先週よりも深まりました。

4分話し続けるって、
日常生活であまりないですよね?

合いの手を入れたり、質問やコメントをされずに
ひたすら話を聴いてもらえると、
自分の望み、軸が見えてきます。


ご参加者の一人が、

「保活の関係で、9月復帰と思っていたけれど、
もうちょっと仕事復帰の時期を考えたい」

と全体シェアで話してくださいました。


どうしても、
〇月に保育室に入れると認可保育園にに入りやすいから!
〇月復帰じゃ、保育園に入れないから、泣く泣く早めに復帰…
(もちろん、そういう戦略が必要な場合ってあります)

という風に捉えがちですが、

「私はこの子の成長をもう少し見守っていたい」
という望みが見えてきたら、

9月に無理に復帰ではなくて、
来年4月にする?

という選択肢も増えます。

これ一択

という状態から、
私の希望はこうだから、

積極的にこの選択をする。


自分で考えて、腹を括って、行動に移す方が、
後悔がないと思います。

少し迷った時に、
自分の本当の望みに立ち返る。

そうすることで、
自分が何を大切にしたいか
確認できると思います。


心揺さぶられるとき、
腹が立つ時、
悲しくて、虚しくて、どうしようもない時…

これからきっと、沢山出てくると思います。

その時に、
「私は何を大切にしたいんだっけ?」

と立ち返れるスペースを持っておくのって大事です。


私の場合、
夫についつい、冷たい反応をしてしまって
反省する。

でも、まだ言い足りないと思う。

責めたい、強く言いたい気持ちになる。


ですが、
私は何を大切にしたいんだっけ…?

に立ち返ると、

大切な家族がみんな揃って、幸せに暮らしていくことを
目指していることをふと思い出し、

あ~、そうだった、そうだった!
ケンカがしたいんじゃ無かったわw

と気づくのでした。

そうやって、
日々自分はどうしたい?を考えるクセを付けて
穏やかに暮らしていきたいのですが、

子どもたちが「TVを消しなさい」と言っても
言う事を聞かないと

キィーーーーーーーー

と怒り心頭に発するのですよ。

とほほ…。

まだまだ修行が足りないですね。

まあ、イライラしている時は
大抵身体も疲れている時なので、

あ、私疲れてるなぁと思い出して、
私に足りないのは、
寛容な心ではなく、

筋肉よっ♡

とクスっと笑って、
すこーし、自分を俯瞰して見れたら
良いのかなと思います。

私も道半ばです。
偉そうなこといっぱい言って出来ない事もたっくさんあります。

読んでいただきありがとうございました!
かずなでした☆彡