こんにちは!認定NPO法人マドレボニータ
認定産後セルフケアインストラクターの新井和奈(かずな)です。

★インストラクターの紹介はコチラ★ 

新井和奈 (あらいかずな)
09,11,15年生まれの子を持つ三児の母です。
産後ケアを知らずに、三人の妊娠出産。三人目の産後一年の時にマドレボニータの産後ケア教室を受講。
出産後、人に向き合うにも、まずは体力が必要!と痛感してマドレボニータのインストラクターになる。

産後ケア教室
下北沢教室
●6月コース      (満席御礼
●7月コース      (キャンセル待ち
●8月コース      (受付中
御茶ノ水・神保町教室
●6月コース      (開催中
●8月コース      (受付中
(7月は単発レッスンのみ)
★産後ケア教室のお申込みはこちらから★
産後のバランスボール教室
●笹塚教室 毎週水曜10時30分~(こちらから
●御茶ノ水・神保町教室 
奇数月の月曜日は単発レッスンです★ (こちらから
ぜひ産後ケア教室のおさらいをしに来てください♡お待ちしております^^


産後ケア教室、二週目でした。

足元の悪い中、お子さん連れて、
沢山の荷物を持って集まってくださる
みなさん、愛してます。

(突然の告白、キモいねw)

今日は
双子ちゃんがお休みで、マットの上がちょっと寂しいカンジでした。
残念ですが、
来週お会いできるのを楽しみにしています。
B27D6420-E442-4D72-BA28-B9C02243265D

ちなみにこれは、先週のランチを楽しまれた後のお写真です。
素敵すぎて、通りすがりのマダムに声をかけられたそう。
みなさん、美しい♡


今週はお呼びするお名前が
苗字から
呼ばれたい名前に変わります。

赤ちゃん連れの集まりで、

〇〇ちゃんママ

ではなく、、あえて自分の名前を呼んでもらう。

なぜなら
〇〇ちゃんママと呼ばれると
どうしても、
ママとして振舞わなきゃというマインドセットになってしまうから。

ママとして振る舞う事を要求されないって
どうでしょう?

私は最初、驚きと違和感とちょっとくすぐったいような気持ちになりました。

慣れないとちょっと恥ずかしかったりもします。

「○○さん」あるいは
「○○ちゃん」という一人の女性として
接する、振る舞う事で

普段見せている母の顔とは違った面が見られて
とても新鮮に感じます。

そして、みなさん、イキイキしている。

仕事をこんな風にしていきたいとか、
趣味のランニングを再開させたいとか…

母になっても自分のやりたい事を諦めない!

「こうありたい」と話すみなさんから
後光が差していました。
(いや、マジで。)
7E8D53BF-BAC7-4A25-9D1F-372A6960C318


自分がどうありたいか?
どうしていきたいか?

主体的に考えて
行動していくためには
工夫が必要です。
体力が必要です。
そして周りを巻き込むコミュニケーション力も。



モヤモヤしてドロドロした気持ちも
少しずつ言葉にして外に出す事で、
悩みが、取り組みたい課題に変化していきます。


御茶ノ水・神保町教室
6月コースのみなさん、
今週も本当に真摯に自分と向き合い、
言葉を紡いでいらっしゃいました。

赤ちゃんも、真剣な母たちのオーラを感じ、
きっと、刺激を受けたこと思います。

なぜなら、マットの上の赤ちゃんも
母の気持ちと連動するように

リラックスして、
一参加者として、
参加しているように感じたから。


来週は、エクササイズもワークも
もっともっと深めていきましょう。

肩こりのセルフケア、
自分の身体を快適にするために
一日一回でいいので、やってみてください。



赤ちゃんのケアをする立場だからこそ、
自分自身をケアして、心身整えておくことが大切だと思います。


さあ、今日から、
自分のために(5分で良いです)時間を使うコト、
始めてみませんか?

読んでいただきありがとうございました!
かずなでした☆彡