こんにちは!認定NPO法人マドレボニータ
認定産後セルフケアインストラクターの新井和奈(かずな)です。

★インストラクターの紹介はコチラ★ 

新井和奈 (あらいかずな)
09,11,15年生まれの子を持つ三児の母です。
産後ケアを知らずに、三人の妊娠出産。三人目の産後一年の時にマドレボニータの産後ケア教室を受講。
出産後、人に向き合うにも、まずは体力が必要!と痛感してマドレボニータのインストラクターになる。

産後ケア教室
下北沢教室
●5月コース      (満席御礼
●6月コース      (受付中
●7月コース      (受付中
御茶ノ水教室
(5月は単発レッスンのみ)
●6月コース      (受付中
★産後ケア教室のお申込みはこちらから★
産後のバランスボール教室
●笹塚教室 毎週水曜10時30分~(こちらから
●御茶ノ水・神保町教室 
奇数月の月曜日は単発レッスンです★ (こちらから
ぜひ産後ケア教室のおさらいをしに来てください♡お待ちしております^^


先週、マドレボニータデイに参加しました。
B09829D2-7E11-450F-9E01-70AF64F9883F

2019年のマドレボニータデイは
2009年から始まった
NECワーキングマザーサロンの10年の軌跡
を存分に知れる濃密なイベントでした。

私自身、ワーキングマザーサロンは
2016年、2018年に一度ずつ参加しています。

実は参画せず、参加した程度で
楽しめるのかな?

疎外感感じないかなと不安でした。

でも、司会のたまちゃんが、

「ここは、みんなに楽しんでもらいたい場だから
アウェイ感出している人がいたら、ぜひぜひ
積極的に声をかけてあげてください!」


と最初におっしゃっていて、
しびれました。
愛があふれてるなぁって。

このサロンに関わる方全員ボランティアというのも
驚きです。

AD5F8330-1ACD-4E4B-83DD-22DBEAE58F41


私の場合、マドレのインストラクターで、
関係者側?でも
初めて会う方がたくさんいる場は緊張します^^;

でも、その気持ちがすーっと晴れていったんです。
(だれか一人になっている人に話しかけよう、そう思えました。)
他者を思いやる気持ちを思い出させてくれた、たまちゃん♡
感謝です。


今回
初対面の方の方が多かったのですが、
シェアリングをやってみて、

改めて

はじめましての人でも
こんなに自分をさらけ出せるんだ…

安心して話せる、聴けるって
透明の鎧を脱いだようで、

なんて心地良いのだろう…!
と思いました。
B4936506-41AF-4523-972F-2DFE8093BD20

いつも産後ケア教室でも実施していますが、
産後ケア教室は4回同じメンバーだけれど、

数時間前に会った人とも出来るんですよね。

話し方のルール、聴き方のルールがあって、
ファシリテーター、聴き手の方が
アドバイスではなく、
話し手の気持ちを確認しながら聴く場が用意されていると。
DDC5F5D8-49C7-4EFC-AC1F-2A68C09488F2

そして、胸を打たれた場面がたくさんあったのですが、
おいおい書いていきます。

安心して気持ちを出せる場って貴重です。
その対話の場づくりを今後も形にするため、

現在クラウドファンディングに挑戦中です。

「マドレ式対話の場づくりの手引き」
の作成
「オープンラボ」の実施のために
支援をお願いします。

残り23日、
目標金額は3000000円です。
(5/21現在支援総額1834500円、61%です)

6月13日(木)午後11時までに3000000円以上
集まった場合にのみ成立になります。

3500円からご支援いただけます。
こちらから詳細ご覧いただけます。

https://readyfor.jp/projects/madrebonita-taiwa

メールアドレスを登録するか、
Facebookアカウントから登録できます。
私もこれからチャリンします。

以下サイトから引用しています
マドレボニータは認定NPO法人になりましたので
確定申告で、寄付金控除を受けることができます。
税額控除の額は
(年間の寄付金ー2000円)×40%となります。
【発送は2020年1月】

引用ここまで★

応援してください

読んでいただきありがとうございました!
かずなでした☆彡