今日は祝日。成人の日ですね、新成人のみなさま
おめでとうございます!

産後のバランスボール教室
御茶ノ水・神保町教室開催しました~!

集まってくださったみなさま、
ありがとうございました

704994B1-2027-48D0-A454-DC0D0797C811


年末年始なぜイライラしたか?

それは
自分のために使える時間が全くなかったからだ
バランスボールレッスン受けて、
ご機嫌になって、気づいた!
と感想をメールしてくださった方がいます。


身体を動かして初めて気づく発見がある。 
気持ちを言語化して、眺めてみる時間がある。

誰にとっても、大事だと思います。

私は赤ちゃんをケアする人の心の状態、
整えることが赤ちゃんのためにもなると思っています。

例えば、
脚を骨折していたら、
赤ちゃんのお世話や、お散歩どころではないですよね。
当たり前ですがw

身体の不調や不具合は見えるから
周りのサポートも得やすいかもしれません。

でも、心の状態って
外からは見えないから、

「今私はどんな状態です」って
周りの人に言葉で伝えることが大切なのかなと思います。

でもね、

産後女性は言葉で言わなくても、
パートナーに察してほしいんですよ…。

夫が「疲れてるよね、休んで」とか
「いつもありがとう、感謝してる」と言ってくれたら嬉しい。
という事に気づいて!と思っている。
その気持ちを妻は察してほしい。。。
わがままでしょうか?

直接言えないのは何で?

それは、疲れて話すエネルギーすら
節約したいから。

毎日赤ちゃんのお世話でクタクタ。
気が付いたら夕方。
毎日の黄昏泣き、
夜中の授乳、赤ちゃん泣いたら抱っこ…

ご飯を食べる、睡眠を取る
人として当たり前にできる事すらままならない。
生理的欲求すら満たされない産後。

やさぐれて当然です。
疲れてしまうのも仕方ない。
なるべく省エネで過ごしたいと思う人も多いのではないかしら。


男性陣に、察して!
とは言いません。


しかし、妻は自分が想像している以上に
疲弊しているかもしれないっていう
事実を知ってほしいなぁと思います。


そして、
自分が子育てや家事を代わりに出来ない場合、
ベビーシッターさんや、家事代行で

「僕、他人が家に入ってくるの、嫌なんだよね。」と言うの、
ぜひやめていただけたらと思います。

産後ケア教室、ベビーシッター等の予約、
保育園探し、書類の記入等

母でなくてもできる事は沢山あります。

ぜひ、産後は夫婦で協力して
家の外の人にも手を借り周りに感謝しながら過ごせると良いではないかなと思います。



読んでいただきありがとうございました!
かずなでした☆彡