こんにちは!認定NPO法人マドレボニータ
認定産後セルフケアインストラクターの新井和奈(かずな)です。

★インストラクターの紹介はコチラ★ 

新井和奈 (あらいかずな)
09,11,15年生まれの子を持つ三児の母です。
産後ケアを知らずに、三人の妊娠出産。三人目の産後一年の時にマドレボニータの産後ケア教室を受講。
出産後、人に向き合うにも、まずは体力が必要!と痛感してマドレボニータのインストラクターになる。

産後ケア教室
下北沢教室
●4月コース      (満席御礼
●5月コース      (受付中
●6月コース      (4月5日正午受付開始
御茶ノ水教室
●4月コース      (満席御礼
(5月は単発レッスンのみ)
●6月コース      (4月5日正午受付開始
★産後ケア教室のお申込みはこちらから★
産後のバランスボール教室
●笹塚教室 毎週水曜10時30分~(こちらから
●御茶ノ水・神保町教室 
奇数月の月曜日は単発レッスンです★ (こちらから
ぜひ産後ケア教室のおさらいをしに来てください♡お待ちしております^^

1年間かけて、
ティール組織をみんなで読む。

アクティブダイアログ。
3316AD42-5C60-4682-BD6B-BA3F55A93338

三回目に参加してきました。

2回目は、PTA委員活動で欠席したので、
録音とみなさんが要約してくださった紙を見て振り返り、

C9B70F05-94B4-4A92-B625-383364F42FC3


64C0C51F-77EA-4D1E-AFBC-12F45983EC97

今日はいよいよティール組織って実際どんな組織なの?

という部分を少しずつ読み解いていきました。
67F055FC-9522-4304-B323-62C1326A95EA

今回みんなで読んだ部分は、
ティール組織って、

実は、
営利、非営利、どちらも
いろんな年代(一番古くは1957年)
様々な業種(看護師、服飾、メディア、ITコンサル)
従業員の数も90人+犬10匹~最大40000人

で取り入れられている組織運営の仕方で、
実際どのように取り入れて、
どんなメリットがあったのか?

を具体的に見ていく。という章でした。

ティールとは、

メンバー一人一人が声を上げられる組織。

本社が何か決めるという事がない。
チームの外に専門家がいて、外から力を借りる事が可能。
専門家が内省するキッカケをくれる。

他者の幸せが自分の幸せにつながる組織。

困難も乗り越えたい、なぜなら成長できるから
という考えの
情熱と自由と責任がある組織。

信念を持って意見することを尊重する。
見直すことを前提に信念のある人の意見を採用する組織。

メンバーで主体的に編成される自治組織。

お、お、お

なんと素敵な!と思った私でしたが、

73F7D827-BE10-4262-873A-6BBCCD4B26C2

そもそも「信念」って何?

仕事を与えられて働くのが好きな人は
主体的に取り組むのってパワーが必要だよね、
みんな出来るの?

「自治」って言葉、日本にも昔からあるけれど
一体どういう意味だったか?
地方自治とか、自治体とか…昔ながらのやり方にティール組織のヒントが
隠されているかも?

色々素敵な事を言っているけれど、
お金の面は実際どうしているの?
実現可能なの?

と色々な疑問も湧いてきました。

私はこの章ですごく納得してしまったのは、

仕事に関しては信念を持って行動をしているので、
「信念」という言葉自体が好き、

ティールとは、生命体なのだ。
指揮と統率を手放している。

というのがとても印象的でした。
指揮と統率を手放して、
組織が上手くまわるのか…?

4月末の4回目が楽しみです。

読んでいただきありがとうございました!
かずなでした☆彡


分業ではなく、全体の業務をみんながやる…
これ、得意な人はいいけど、
不得意な人、どうしたら良いんだろう…。

続きが気になります!