我が家の家事・育児
誰がやるの?問題。

結構長いこと
こじらせていました。

少し前まで家事も育児も
夫が手伝ってくれるというスタンスでした。
私がお願いする、仕事を与える?!
(与えるってwww偉そうですな)
夫は、家事や育児を担うじゃなくて、協力する。手伝うという
表現にモヤモヤするのはきっと私だけじゃないハズ。

私自身コンビニパートをしながら
「家事は働いている時間の短い、給料の少ない私の仕事だし…。」
と思っていて稼いでいない劣等感もあり

夫婦ともに家事育児は私中心で良しと、思っていました。
納得しているつもりでした。つもり…。


でも、積もり積もって

本当は、
夫に家事も育児も
自分事、自分の仕事と思ってほしかったのです。

ですが、せっかく夫が手伝ってくれたとしても
最初、慣れない家事をする夫の家事スキルに不満でした。
私が普段やっているレベルと違いすぎて
(夫、すまぬ…。偉そうすぎる私)

こんなこともやってくれないの? とか、
そんなこともできないの?と
チクチク、心の中で相手を責めていました。

心の中にしまっていましたが、が、・・・
態度に出ていたかもしれません。
(反省)

現在、第一子の出産から9年経ちます。
9年前は夫に委ねるなんて、出来なかった。
一人で何とかできる
と思って意地張ってました。

三人目産後、やっとです。
本当に猫の手も借りたいほどになってやっと。

私の場合、ちょっと遅すぎましたが
手放す・委ねる・感謝するスキルって
産後、鍛えられるスキルだと思います。


何度も何度も相手に委ねて、

やってくれたことには感謝して、
こうしてほしいという事は諦めずに伝え続けて

最近、 家事も、子どもの事も
頼まなくても、夫自らやってくれるようになりました。

それは、夫の仕事の拘束時間が短くなったのが一番の要因です。
以前は、カオスな家の中が気にならないほど
仕事で疲れ切っていたのだと思います。

夫が体調を崩して休職していたので
必然的に家にいる時間が長くなったので、

家が片付いていると快適!
精神衛生上も良い^^
子どもたちと一緒に過ごせるのが嬉しい

と感じられるようになったのではないかな。
現在は、体調は徐々に回復していますが、
過労で心身ともに疲れ切ってしまった夫を見て
男性こそ働き方を模索してほしいと強く思いました。


二人の時間をあえて作って
ぜひ夫婦で、
どんな暮らしがしたいか?
自分たちの家をどんな場と捉えたいか?
働く上での優先順位は?など

ぜひ、話し合ってみませんか♡

親となって働く。
父、母となって働く、を一緒に模索していける
仲間がいると嬉しいです!

ぜひ、一緒にあーだ、こーだ考えましょう。

続きがあります☆彡
良かったらお読みください。
こちらから