こんにちは!認定NPO法人マドレボニータ
認定産後セルフケアインストラクターの新井和奈(かずな)です。

産後ケア教室3週目、
7C1E8C3D-382B-4B8D-99E1-598AF165F1DA

後半のコミュニケーションワークでは、
毎回テーマを決めて、ひたすら話します。

自分の想いと向き合います。

二人組になったペアの人に
自分の想いを聞いてもらう4分間。

赤ちゃんは、母が言葉を紡ぐ姿を見ています。
このスタジオの空気を肌で感じています。

仕事中は、こんな真剣な表情をしているかもしれない母たち。
でも、プライベートで、
母親以外の顔を子どもに見せる機会ってなかなかないんじゃないかな?
って個人的に思います。

子どもと接するときは、
ついつい母の顔になってしまう。

こうして真剣に、時に微笑みながら
真摯に自分の想いを語る姿を子どもに見せられる
って貴重なんじゃないかなと思います。
0371AECF-4F73-4BAC-942F-346CC5C40072

スヤスヤ気持ちよさそうに眠る赤ちゃんを見守る赤ちゃん。
(たまに手を握ってあげる、ちょっとだけ月齢が上の赤ちゃん♡)

C138BD89-F5A0-4DCD-8ADF-FBC38EA030B3

今日は
聞き手の方は、50秒で要約して返します。

自分の考えをまとめてもらうと、
意外と考えがまとまっていたと思えたと発言してくださった方もいました。

頭の中でぐるぐる考えている時は、
自分の考え、まとまらない!
とっちらかっている!と感じてしまうけれど、

要約してもらって、私ってちゃんと一つの方向に向かって考えているんだって気づくこともあります。

パートナーシップについて考えた時に、
「自分とパートナーは他人であるという事を前提に話をする。」
という事を忘れないでいたいと言ってくださった方も。
みなさん、うなずかれていました。
(私も気を付けたい!)

私はこう思っているんだから、
相手もこう思っているだろうという前提で話をすると

「なんでわかってくれないの?なんで?」
「なんでそうなの?これが普通でしょ?」

と、ついパートナーも私と同じように感じるハズと
勘違いしてしまうから。

パートナーをどうやって尊重するか?
具体的にどうします?
何します?

という所まで言語化されていて素晴らしいなと思いました。

他者の話を聞く、考えを聞くって良い。
自分の想いを言葉にするって良い。

産後ケア教室の後半のワークが、
やっぱり好きです。

話したくない時ってきっと誰にでもあって
時に苦しいけれど…。

頑張ってアウトプットした後は
スッキリするはず!と私は考えています。

安心して聴いてもらえる場
をデザインできるように

産後ケアプログラムの理解
佇まい、意識、言葉のチョイス
話し方…

ブラッシュアップして
いきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

読んでいただきありがとうございました!
かずなでした☆彡
スケジュール
産後ケア教室

下北沢教室12月コース   (満席御礼
●1月コース          (満席御礼)  
●2月コース                  (残4席★お申込みこちらから

御茶ノ水教室12月コース(満席御礼)
●2月コース        (キャンセル待ち)

(1月は単発レッスンのみ(こちらから01/21(月)残1席)


産後のバランスボール教室

●笹塚教室 毎週水曜10時30分~(こちらから
●御茶ノ水教室 隔月開催月曜 (こちらから