こんにちは!認定NPO法人マドレボニータ
認定産後セルフケアインストラクターの新井和奈(かずな)です。

木曜日は下北沢で産後ケア。

今日は産後ケア教室2週目でした。

2週目は、
自分の呼ばれたい名前を名札に書いてもらうんですが、

初めての方は、ちょっと戸惑うんです。

「え?なんて書いたら良い?」
「下の名前で呼ばれるなんて久しぶり」
「○○さん、…じゃなくて○○ちゃん、え?
ちゃん付け?w」

ザワザワする時間でもありますw

と何となく、照れながら
「ちゃん」付けをチョイスしてくださる方も♡

私は個人的に
自分が呼ばれたい名前で呼んでもらうって
すんごく大切な事
だと、思います。

え?当たり前ですか?

しかし、産後、ママコミュニティーで話す時、
お子さんの名前は(よく呼んでて聞こえてくるから)わかるんだけど
その母の名前、知らない…。ってことが
普通になってしまうのが、The 産後、なんです。

「○○ちゃんママ」と呼ぶのが当たり前になってしまうと
自分の名前ってびっくりするほど呼ばれなくなってしまうんです。

それって、ちょっと寂しい。

そして呼ばれた方も、
無意識に「ママ」としてふるまおうとしてしまう
と思います。

次女の通う保育園で
私はせめて、苗字で呼びたいと思って
○○君の母を「○○君ママ」以外の呼び方で呼ぼうとしたら…

そういえば、
保育園の子どもの名前は全員言えても、
苗字まで覚えてない。

あぁ・・・・残念。ってことがありました。


ネームテープにいつも名前を書いて、胸に貼っておけば良いかもしれない。

子育て支援センターとかで、子どもに名札をつけるけれど、
ついでに大人にも。
C10E4FDD-4F3D-4603-A1AF-BE8CA081CFCC


私の場合ですが

私ってホントおめでたい程、忘れやすく

(あーー、あの人なんて言う名前だっけ?
先週聞いたのに、覚えてない!
気まずいからもう一回聞くの、嫌だな。
名前覚えてないってなんか失礼だし。)


と、モヤした経験が多々あります。

今は、
「もう一回お名前聞かせてもらっても良いですか?」
ってフツーに言えるようになりましたけど。
(聞いたら失礼って自分の中で思い込んでいただけでした。
みんな、快く教えてくださいます。)

で、で、
話は産後ケア教室に戻しますが、
産後ケア教室では
一週目は基本的に苗字で呼ばせてもらって

二週目からこんな風に、
自分が呼ばれたい名前を書いてもらっています。

仲間から
「かずなちゃん」と呼んでもらいます♡
80B6FEB9-8C3A-49FC-8D5C-C93501712489
たまに、
え?かずな、、、ちゃん…?
と失笑されることもありますがw

自分が呼ばれたい名前で呼ばれるのって
とっても心地い良いです。

自分らしくいられる
出産前の、母になる前の私を思い出せる、

私にとって、大切にしたい時間です。

読んでいただきありがとうございました!
かずなでした☆彡

★インストラクターの紹介はコチラ★ 

新井和奈 (あらいかずな)
09,11,15年生まれの子を持つ三児の母です。
産後ケアを知らずに、三人の妊娠出産。三人目の産後一年の時にマドレボニータの産後ケア教室を受講。
出産後、人に向き合うにも、まずは体力が必要!と痛感してマドレボニータのインストラクターを目指す。

スケジュール
産後ケア教室

●下北沢教室12月コース(満席御礼
●1月コースお申込み(満席御礼
●2月コース (残4席)02/07(木), 02/14(木), 02/21(木), 02/28(木)

●御茶ノ水教室12月コース(満席御礼
●1月は単発レッスンのみ(残1席・こちらから01/21(月)

●2月コース(残2席01/28(月), 02/04(月), 02/18(月), 02/25(月)

産後のバランスボール教室

●笹塚教室 毎週水曜10時30分~(こちらから
●御茶ノ水教室 隔月開催月曜 (こちらから