可哀想な人なんていない。

あの人が、可哀想な人なんて

他人が決めちゃ、いけないんだな。

自分で、選んで、そうしている。

こちらが、可哀想に!という反応、対応をすれば

相手も、ずっと被害者でいたがる。


好きでやってるんでしょ?

選んでやってるんでしょ?

それで幸せじゃない!幸せでしょ?今。


止めるのも、止めないのを選ぶのも、自分。

困っている人に、やり方や答えを提示するのは、

意味がないというか、本人も実は分かっているから

出来ないで、苦しんでいる方を

選んでいるんだよね。

その方が安全だと思っちゃうから。


その、奥深くにあるものって自己肯定感のなさや、

自分をちっぽけに感じてしまう、

価値のない存在だと感じてしまうせいだそう。



みんな尊くて、

誰一人かけがえがない、代えがきかない、

一人一人、生まれてきたことに意味がある存在なんだけどね。


一歳長女は、そのことを分かってか?分からずか、

すごく堂々としていて、私は無敵!出来ないことはない!

と思っている。

5歳、7歳は…特に7歳長女。

出来なかったら…とか失敗したら恥ずかしいとか…

私だけのせいではないが、

親の声かけも、気をつけないといけないなと思う。

次女の無敵感で挑めば、何も怖くないと思う!!

それから
失敗したらからかう、出来なかったら、バカにする、

一生懸命やってたらダッセーっていう


足の引っ張り合いをしてしまう、

日本人の?悪い所も、一人一人気付いて

止めていければ、もっともっと自由に、

失敗を恐れず、どんどん伸びて行くと思う。

失敗ってコトバがダメなのかねぇ〜?ら

トライ&エラーの繰り返しだよね。人生は。

エラーは失敗とは違う!


誰も、
バカにしたりしてないよ?

そう思われるかも?って、自分で考えて
感じているだけなんだよね〜!


読んでいただきありがとうございました😊

やっぱり、マドレボニータもセルラスも

私には必要!

みんなにも必要!

と思えた1日でした。

かずな🌟