こんにちは!認定NPO法人マドレボニータ
認定産後セルフケアインストラクター養成コース11期生
准認定ボールエクササイズ指導士の新井和奈(かずな)です。

いつも感謝の気持ちを持ちましょうとか、最後にありがとうと言おう…。
こういうテクニック的な事を実践するのって大事よねと思って
image

トイレに貼ってます。
池袋にある心療内科、千村クリニックのメンタルタフネスヨーガプログラムでいただいたもの。
(とか、昔の吉岡マコ先生のブログ記事とかトイレに貼ってます)
アファメーションってなに?っていうのはこちらのサイトに詳しく載っていました。

だけどだけど、どんなに心がけても、
イライラしないことがないかと問われれば、
イライラあるあるな毎日。

夫と喧嘩するのって、どんな時ですか?

我が家は、家事について、子育てについて意見が一致しない時。
協力を求められない時、かな。

私は苦労してやっているのだから、あなたも同じことをやって当然!って
「○○するべき!」を相手に押し付けてしまう時
相手に求めすぎてしまう時に起こります。

自分に対して「○○べき」でも十分苦しいのに、それを人からされたら、息苦しいですよね。

具体的には、子どもが体調を崩した時。
私が当然のように具合が悪くなったら、病児保育に連れていくのだから、
あなたも同じように連れて行ってよ!っていうのは違うんだよなぁ…。

と思いつつ、
次女に泣かれて、引き裂かれるような思いで病児保育室を後にする時の私の胸の苦しさを
あなた(夫)も一度経験してくれないと不公平だ。って思うんです。

私ばっかりが負担しなきゃいけないのが、当然なの?という疑問。
食わず嫌いしないで、どんな経験でもしてみてよ?という思い。

その奥には、私の大変さを聞いて!共感して!労って!頑張りを認めて!

という気持ちがあるだけで、
大変なんだね、できれば避けたいと思っているんだねって聴いてもらえたら、
もしかしたら、不公平感とか、モヤモヤした思いは成仏するのかも、しれないなぁ…。

でも、バタバタ忙しくしている時に、そうやって振り返るってことがなかなかできない。

こんな風に感じているんだなぁ~ってただ客観的に自分のことを見るために
こんな風に思って、だから、こういう行動になったんだ、私はこれが嫌だと思ったんだ!

っていうのを、

一人でお風呂に入って泣きながら考えるってこと、たまにしてます。
なんかシュールw

でも、涙もシャワーで流せて、すっきりするんです

そのあと、夫に、「聴いてほしい」と言って、自分に起きたことを話して
ただ、黙って聴いてもらいます。
口を挟まずに聴くのが得意と自称している夫。
なんか、負けた気がして悔しいが、たしかにそうかも…。

夫婦喧嘩って、以前は全くしなかったのですが、それは、私に体力がなくて
なるべく省エネで暮らそうとしていたから。

今の私は、すれ違って、そのまま溝がどんどん大きくなってしまうよりは、
しっかり意見をぶつけ合ったり、お互いの譲れない部分を確認できた方がいいなと考えています。

話し合うにも体力が必要だなぁと思います。

涼しくなってきて、汗も出にくくなったところで、バランスボールを使った有酸素運動で
汗かきませんか?筋力体力アップしませんか?
(最後宣伝

読んでいただきありがとうございました!
かずなでした☆彡