こんにちは!認定NPO法人マドレボニータ
認定産後セルフケアインストラクター養成コース11期生
准認定ボールエクササイズ指導士の新井和奈(かずな)です。

おはようございます。
毎日4時に起きて、まずは散らかった部屋を片付け、
シンクに残された食器を洗い、一息つく。

私の日課になっています。

その後、身体を動かしたり、頭を動かしたり、ぼーっとしたり。

今朝は、どうして私は産後ケアを多くの人に知ってもらいたい、
自分が旗振り役になりたいと思ったか、改めて考えてみました。


誰かにこうなってほしい!
他人をコントロールするのって不健康だし、消耗すると思います。

でも、
薄々気づいていたのですが
私って、誰かのために〇〇してるって思うと、俄然頑張れちゃうんですよね。
やる気出ちゃいます、なんだか笑顔になってるんですよ、行動する前に、考えている時点で。

例えば、家族の笑顔を想像して食事を作る…とか

同期に愛あるダメ出しをして、さらに進化してほしいと願う…とか。

自分のために自分の身体と頭を動かすより、

他者のため!と思った方が、行動力がある。

誰かが笑顔になる事が、したい!
他者に奉仕するのが、全く苦ではない。むしろ、喜びだ。

というのは、調理の仕事をしている時も、接客業をしている時も感じていました。
サービス業向きの性格なんだと思いますw


その、他者への思いを自分に向けられたら、もっともっと毎日が充実すると思いますが、
誰かに何かをするのが好きなんですよね。

役に立っていると思われたいというエゴ…なのかもしれないと思っています。

自分の価値を見出せなかったから、誰かの役に立ってると思えることで
自分を認めてあげたかったのです。

そんな私に、何もしなくても、存在自体が素晴らしいんだよ!って伝えてくれた
セルラスのともちゃんって、すごいなぁ。私にとっても良い影響を与えてくれた人です。
石川茂子さん(新しいblogはこちらです)

読んでいただきありがとうございました!
かずなでした☆彡